特殊な二次試験の対策法|医学部に合格のために個別指導を受ける

先生と生徒

理想の学校選び

どのような大学に入学すれば良いのか分からない場合、まずは将来の夢や関心に合わせて選んでみましょう。特定の大学でなければ勉強できない分野もあるのです。また楽しく勉強できる場所を探したい方であれば、外観や生徒の雰囲気が良い大学に入学しましょう。

勉強

合格への道が近づく

医学部受験をするのなら、予備校に通いましょう。評判のいい予備校を選ぶことが大切です。特に、個別指導をしてくれるところがお勧めです。苦手分野を克服できたり、学習したい内容をピンポイントで学べたりするからです。

特殊な受験方法で活用

メンズ

多様な入試方式

医学部へ入学をするとなると高い学力が求められてきます。勉強方法には独学で勉強する以外に予備校に通ったり、家庭教師をつけたりと色々ありますが、入試方法が特殊であればあるほど威力を発揮するのが個別指導です。大学入試センター試験などの対策は個別指導よりも一斉指導のほうが情報量も多く、また模擬試験なども大きなものを受けることができるので一斉指導のほうにメリットが発生します。一方で、二次試験対策では学校によって出題される問題が異なり、医学部においては他の学部にはないような論述試験や面接試験が課されるようなケースも多いです。こうした受験の対策をするのであれば個別指導のほうが威力を発揮します。医学部の二次試験はとても特殊なところが多く、実際に受験をした人や専門的な指導経験を持った人に教えてもらうのが合格への近道になります。個別指導を売りにしているところでは専門的な対策をすることができるとアピールしているところが多く頼りになります。本気で合格を目指して個別指導を受けるのであれば、実際に自分が志望をしている大学の医学部に入学経験を持っている人に指導を受けるのが良いです。ただし、こうした人はそんなに多いわけではなく、また仮に見つかったとしても一般の個別指導に比べると高額な授業料を支払わないといけないことが多いです。探し方は人材派遣会社や家庭教師を派遣してくれる会社に具体的に志望校名を伝えて探してもらうのが良いです。

勉強道具

学校に通うメリット

医学部受験で予備校を利用するメリットとしては、受験に対するノウハウが充実していることでしょう。また予備校の費用は高額ですが、特待生制度などを活用してみましょう。そして講師陣や同じ目的を持った仲間たちと、切磋琢磨できる環境が予備校にはあります。